作家コメント
『うつでもいいじゃないか !!』下巻は、私が取材・構成しました。
 皆さん、お待たせいたしました!『うつでもいいじゃないか!!』の下巻がようやく完成いたしました。
 上巻では、失体感での身体の感覚を失うことによってうつを発病した主人公の井浦を描き、下巻ではその回復までのエピソードを描きました。
 うつの漫画を制作するにあたって、色々な先生方のお話を伺いました。そして、薬だけに頼った治療の危険と私たちの身体が何でできているのか?を改めて考えさせられました。
 身体が壊れると心も壊れる。その逆もまた然り。 『心と身体は一つ』だということをこの漫画を通して実感していただければ幸いです。
是非ご一読ください!
構成担当 葛城しん
『うつでもいいじゃないか !!』下巻は、私が作画しました。

 漫画家はハードな職業なので、私も若い頃はついつい無理をしがちでした。
  幸い今の所、健康ですが、多忙になるとついおろそかにしてしまいがちです。忙しい現代人のあなたにもきっと思い当たることだと思います。
  知らず知らずのうちに蝕まれていく心と身体の健康。もしかしたらあなたの心と身体にも赤信号が出ているかも知れません。
  私もこの作品に触れることでこれまでの生活の基本を見直し、少しずつ改善していこうと思いました。

ぜひ皆さんにもこの作品をご一読頂きたいと思います。
作画担当 こばやし将