作家コメント
『肝臓をいじめないで!!』は、私が取材・構成しました。
こんにちは、『肝臓をいじめないで!!』の、原作と絵コンテを書いた、平山郁です。
今回も、医学、健康関係の本を10冊近く読み込みました。
肝臓がテーマとはいえ、肝臓のことだけを、学んでもそれでは、役立ちません。
身体は相互に密接に影響し合っているので、身体全体の働きを理解していなければ、肝臓の機能を充分に書くことはできません。
私の場合、健康関係のジャンルに特化して原作を書いてきたので、幸い、これまで、十数年に渡り何百冊という、健康関連の書籍を読み込んできたことが、今回とても役に立ちました。
身体全体を俯瞰すると、肝臓は、人体の化学工場であることがわかりました。とにかく、私は、難しい知識を、出来るだけ優しく、かつ面白く伝えることが大切だと感じています。
この漫画を楽しみながら、実生活で役立つ知識を身につけていただければ幸いです。
構成作家 平山 郁
『肝臓をいじめないで!!』は、私が描きました。

『肝臓をいじめないで!!』の作画をさせていただきました 山田康代 です。

『いじめないで』シリーズは、臓器のキャラクターが、俎板家のゆがんだ食生活(暴飲、暴食、間食等)に訴えかけるという内容で、私は読みながらよく自分のことを棚に上げて、いつも この臓器たちに同情します。

「自分がこの臓器の立場だったら」と、冷静に想像しますと、この臓器たちよりもっと怒るんじゃないだろうか…?と思います。読む度に「食べたい」だけの私利私欲を反省させて頂けるきっかけと、改善のためのアドバイスが詰まった、読み応えのある素敵な作品とお勧め致します。

実践してみた時の個人的な感想を書かせて頂きますと、有難いことに身体も楽になり、自然と穏やかな気持ちにさせて頂きました。
マンガ家 山田 康代